Naoko Okusa’s ”How to wear it?” May 2019

Naoko Okusa’s ”How to wear it?” Archives



HAUNT with NAOKO OKUSA INSTAGRAM LIVE MOVIE

【Naoko Okusa Coordinate】



【Ai urushisaki Coordinate】



【Yuri hayashi Coordinate】



【Kaoru kawanishi Coordinate】



【Anri harimoto Coordinate】



Naoko Okusa’s ”How to wear it?”
- RED CARD -

【Life is journey!】

「ダンスのTシャツで、パワフルな着こなし♡。ネイビーっぽい、ロウタイプデニムだから、キレイめに映るのが嬉しい!」

by Naoko Okusa



Naoko Okusa’s ”How to wear it?”
- RED CARD -

【Life is journey!】

「ポップなビッグシルエットのボーダーTと合わせてアクティブ気分全開‼足元もスニーカーでとことんカジュアルを楽しんでみました♪ 」

by 林ゆり

「少し短め丈のデニムだから、スニーカーと合わせても好バランス。太めのボーダーTシャツで、 アメリカンカジュアルに。ロウデニムみたいなダークネイビーは、ラフにスタイリングしても、どこかに綺麗な清潔感が残りますね」

by 大草直子



Naoko Okusa’s ”How to wear it?”
- RED CARD -

【Life is journey!】

「白Tにデニムのシンプルなコーデが好き。定番スタイルだけど、デニムと小物使いをアップデートすることで今年らしく♡」

by 漆崎あい

「適度なハイウエストデニムは、視線を上に集め、スタイルアップにぴったりです。白と合わせた永遠の組み合わせですが、小物使いで自分らしさを表現しています」

by 大草直子



Naoko Okusa’s ”How to wear it?”
- upper hights -

「速乾性があるから、水着の上に着てしまいます。ニュートラルな色だから、他のアイテムをカラフルにできるのが良いですよね!」

by Naoko Okusa



Naoko Okusa’s ”How to wear it?”
- upper hights -

「リゾートにぴったりなキャミソールワンピース♡ベージュとグレーの中間くらいの色だから、ピンクの花や鮮やかなブルーの海にも映えます!歩くとサラサラと揺れる裾が、着ている本人も気持ち良い♡」

by Naoko Okusa



Naoko Okusa’s ”How to wear it?”
- RED CARD -

【Life is journey!】

「山のスカーフアレンジがあるけど、ベルト風に使うのが私の定番スタイル♡コーディネートが少し寂しいなと思うときによく使います。トップスと色を合わせたスカーフをチョイスして落ち着いた印象に。156cmでもアンクル丈になるMadelineは低身長さんの味方♡」」

by 漆崎あい

「華奢さんにオススメなのが、こうしたベルトアレンジ。愛ちゃんがしているように、ざっくりとねじって使うと、収まりが良く、しかも様々な柄が表に出るからオススメ!」

by 大草直子



【Life is journey!】

「主張し過ぎないリンスカラーは綺麗めのコーディネートでもまとまります♪ワントーンコーデなので、カラフルなストールで華やかさをプラス!」

by 林ゆり

「流れるようにあしらったスカーフが顔まわりを華やかに見せてくれますね!ダークトーンの全身が、1枚のシルクがあるだけで、優しい女性像で着られるから不思議♡」

by 大草直子



【Life is journey!】

「好きな友達からもらったエルメスのミニカレは、手首に巻いたり、髪に結ぶことが多いです。赤のリップを塗ったみたいに存在が華やかになるから!深いインディゴのデニムともぴったりです♡」

by 大草直子



Naoko Okusa’s ”How to wear it?”
- upper hights -

さらさらと揺れるワンピース。早速リゾート先で着ていたら、何人にも、可愛い ! どこのですか?と聞かれました。水着に重ねても!

by Naoko okusa



Profile

NAOKO OKUSA
1972年生まれ。大学卒業後、婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に入社。雑誌「ヴァンテーヌ」の編集に携わったのち、独立。新聞、カタログを中心にスタイリング、エディトリアルをこなすかたわら、広告のディレクションやトークイベント出演、執筆業にも精力的に取り組む。プライベートでは3児の母。


RECOMMEND CONTENTS